for student

学生のみなさまが、いまよりちょっと楽しく賢くすごせるように

志望校ったって、大学に行こうという志がないからね…ま、受験校の話でも

まだ、センター試験は終わってゴザイマセンございませんが、この時期になると受験校ぐらいは決まってきます。まあ、この時期かくこともないので、その受験校も紹介しようかなと思います。

まずは、名古屋大学です。

別に、うけること確定っていうわけではないですけど。今年はノーベル賞でまた有名になりましたね。数年前にも名古屋大学から2人のノーベル物理学賞ができます。まるで物理学に非常に強い大学なのか?と思ってしまいます。確かに、理学、工学分野においてかなり最先端に近いということは事実だと思います。やはり、中部地区という日本を代表する自然科学企業がアツマッテいるところにあるということが大きな要因なのでしょうか。就職も.中部地区の企業を中心に行われているようです。キャンパスは別に広くないですし、有名な建物もあまりありません。強いて言えば、豊田講堂ぐらいでしょうか。東京大学とか京都大学に比べて歴史的建造物はほとんどありませんね。だからといって、新しい建物が多いわけでもないですが。ボクとしては、文系学科もある総合大学に行きたいと思っていますし、その地域のトップ校であってほしいと思っています。そのほうがアルバイトもしやすそうですしね。

後期日程では、北海道大学を受けようかな、て思っています。

キャンパスがいいところにありますよね。そしてなおかつ広い。理想的ですね。まあ、ほとんど畑ですけど。ああいった環境が、勉強するにゃ1番適していると思います。そもそも北海道というところがだだっ広いですし、そういったところでは狭い都会ではできないことができるとオモイマス。ただ、少し心配なのは、なつです。北海道では非常に強力な暖房があり、冬は家のナカでは半袖で過ごしている人もおおいとききます。じゃあ、ナツはどうなんでしょうか。強力な冷房があるとは思えません。そこそこのものがあればいですけど、何もないってなるときついですね。北海道の夏はそれはそれで熱いですし。僕の趣味は、サイクリングですが、そういったものにも適してるかもしれません。生活する環境だけで言えば、ゼッタイ北海道がいですね。

 

ということで、今回は国公立大学について書いてみました。どうでしょうか、東京大学筑波大学を受ける可能性もまだ残っていますが、おそらくこの2つになるでしょう。ならなかったらそれはそれで一大事です。ここにやりたいの大学に行ければ、僕とした十分満足する結果となります。逆に行けなかったとすると、先週書いたようなことが、できなくなるでしょうね。