for student

学生のみなさまが、いまよりちょっと楽しく賢くすごせるように

音声入力について

今回の記事から、記事の入力を音声入力でやっています。腱鞘炎になりかけのボクにとって結構正確に聞き取ってくれるアップルの音声入力は救世主とも思えるような存在です。しかしながらもちろん、音声入力版のでなく、僕の素晴らしい発音を聞き取れないことが、ただあります。特にさしすせそは、なかなかキキトッテくれませんね。それに加えてかきくけこもらりるれろもなかなか難しいようです。

さらに、ヘンカンもあまり得意ではないので、なんかわけのわからないところで、カタカナに変換されちゃったりということがこれもまたたくさんあります。

少し読みにくい文章になってしまうかもしれませんが、僕の楽のためにミナサマのご協力をお願いいたします。ただ、僕の話し言葉がそのまま記事となりますので、もっとこれまでよりもナチュラルな記事になるかもしれません。これはやってみなければわからないことですが。

私も出来る限り、音声入力をしながら校正作業をするつもりではいますが、見落としてしまったりこうせいする気を失ってしまったりするかもしませんのでその点はご容赦ください。

それにしても、音声入力は優秀ですね。ただ、このマッキントッシュの音声入力とiPhoneのしりとはおそらく全く同じものではないように思います。なんで分けているのかをありませんが、iPhoneの音声入力のほうが優秀な気がします。バックにあるデータの量が違うのですかね?

とか言うことで、これから僕はサボりモードに入るので。これの、もう一つの欠点は、ボクが機械に向かってしゃぶりつきなくてならないナラナイトイウことです。これははたからみたら不審な人物であるか、どっかのお宅であるとしかいよがりません。なんで誰もいない時によしくありません。来年になってひとり暮らしなったら、モトジ2つのかもしれませんけど。以上の文章は何も校正作業しませんでした。しないとこうなってしまいました。やっぱりきついかな?