for student

学生のみなさまが、いまよりちょっと楽しく賢くすごせるように

Apple発表会を終えて2 ー英語と日本語ー

こういう発表をね、例えば僕がするときに。もっと具体的に言うと、ぼくがGoogle glassの進化版とかをつくって発表するときに、もちろん今回みたいにweb中継する(今回のappleみたいに回線が混むことはないようにして)だろうけど、発表自体は英語ですべきかな?ってことを考えてます。(Google glassの進化版:iUnityは2020年7月に発売予定です。まだ秘密事項が多いですが、一番の特徴は、人間のための設計をしているってこと。だってさー、あれつけてると絶対目が悪くなるでしょ。まあ、そうなんないように・・・ッて感じかな)

 

まあ、初期の段階では、日本の会社だと思うんですよ。だから、日本向けの発表でもあり、世界向けでの発表でもある。でも、通訳を介してしまうと伝わんないことってあると思うんだな。ぼくは、今回の発表会をもちろん英語で聞いてました。すごい聞き取りやすいんですよ。綺麗にゆっくり話してくれています。これぞプレゼンって感じで。学会の発表とは違いますよね。もしこれを通訳介して聞いてたら、つまんないだろうなって思います。だから、できるだけ通訳がいらない言語=英語は欠かせないと思うんです。もちろん日本人でも分かる人がいるわけだし。

だけど、少なくとも、日本の企業である間は、日本語で何もしなくていいだろうか?ってのもあります。やっぱ、母国語ですからね。

ってことで、折衷案として、両方やるっていうのはどうでしょうか?それも、東京で英語の発表をして、地元で日本語の発表をするみたいな。だから、東京での発表は、ビジネス的なテーマで、地元ではコミュニケーション重視でって感じで。そういうのも面白いかなって。

 

でも、みんな知らないと思いますけど、東京のホールってすごい高いんですよ。1日100万くらいしますからね。ぼくはアップルに習って、念入りにリハーサルをしたいわけですけど、それも結構な費用がかかります。おおくの企業では、自分とこの会議室とかで発表しちゃいますけど、やっぱ音響にもこだわりたい。一種のエンターテイメントでありたいってのがあるんで。

U2のライブにはびっくりしたけど、カッコ良かったね。日本の発表会でも、ああやって大物歌手が予告なしで現れるとかあると興奮するんだろうけどね。米国で言うU2って日本だとどんな感じだろう。グラミー賞の常連って考えると、紅白の常連って感じ?むかしのEXILEとかSMAPとかかな。やっぱ、万人受けする人かな。ただアップルの発表会ならギークな、そういうロックってのもいいよね。