for student

学生のみなさまが、いまよりちょっと楽しく賢くすごせるように

オタク・マニア・専門家・・・

自慢しますが、ぼくは、ムダ知識が多いです。自慢になってないかな?一定の分野であれば、なぜか深い知識があるんです。なぜでしょう?っていうのが今回の話題。

 

オタク・マニア・専門家ってのは本質的には全く同じで、ある分野について深い知識を持っていること。なんだけど、あるぶんやがちがうんだよね。

オタク:世間一般では、立ち入りにくいとされている分野について深い知識や興味を有していること

マニア:世間一般では、立ち入りにくくはないが、あまり人気ではない分野について深い知識や興味を有していること

専門家:世間一般では、役に立つと思われているが、立ち入りにくい雰囲気のある分野について深い知識や興味を有していること

ってことかな?間違ってないでしょ。

 

まあ、こんなことは、本題じゃないので。っていうのも、こんな無駄な分類してても意味ないよってこと。アップルオタクとアップルマニアとアップル専門家って見た目は違うかもしれないけど、やってることや知識は同じでしょ。

本題は、僕の知識について。なんで、こんなどうしようもないムダ知識があるのか?そりゃ単純で、オタク・マニア・専門家になったことがあるから。

例えば、数年前にぼくはミリオタになりかけたし、F1マニアでもあった。いまでは航空宇宙工学の専門家!?

ミリオタだったんですよ。おそらく。今は違うよ。でも、昔はかなり調べて、自衛隊の装備とか結構覚えちゃってるんだよー。だから、クラスに1人はいるミリオタが喋ってるの聞くと、殆どの人はキモいって思ってるだろうけど、ぼくはそうも思いながらも、言っていることが理解できちゃうんだよ。だから、ぼくの周りでそういう話する、ミリオタもどきは気をつけてね。ぼくはキモいって思われたくないから、なにも知らない人を装うけど、もし適当な事言ってたらぼくは気づいてるよw

軍事関係は、数年で殆ど変わらないからいいね。ただF1とかはもう、どんどん変わってる。エンジンも変わってドライバーも変わって。ついてけなくなりそう。

もちろんこれだけじゃないっすけど、こういう感じで、それぞれの分野に一時期、すごい潜り込んじゃうんです。そんなんでこうなっちゃったんですね。

そのほかにも、アップル・ロードバイクコンベンションセンター・地図・鉄道・舟・飛行機・車などなどいろんなもののマニアだかになった経験があるんですね。

だけど1つだけ完全に慣れてないものが、いわゆるオタク。そう2次元オタクにはなってないんです。いや、なろうとはしてみたんですよ。うーんでも、なれないんすよ。だれかなりかたおしえてくださいwww