for student

学生のみなさまが、いまよりちょっと楽しく賢くすごせるように

英語教育の無意味

僕らって、ひとつの言語が喋れれば十分じゃない?まして、こんな僕みたいに、英語も日本語も中途半端になるより、どっちかまともであったほうがいいんじゃない。

 

日本人って、てか、日本の教育って、絶対英語やらせるし、大学行ったら第2外国語までやらせる。僕は無駄だと思うよ。というより、怠けているとしか思えない。これが、翻訳こんにゃくの開発を遅らせている原因であるのは確かです。

Skypeが、通訳ツールのベータ版を公開したそうですが、こういうのを作んなきゃダメなんです。1つの言語が喋れれば、あとは機械が翻訳してくれる。それができたら、英語なんて勉強する必要ないでしょ(まして、古文は・・・)。

僕は、英語とか言う外国語に関しては、選択にすればいいと思う。日本語を取りたい人、英語を取りたい人、両方取りたい人、またはもっと他の言語を取りたい人。それぞれ、それでいいと思う。

 

今やんなきゃいけないのは、翻訳こんにゃくの開発だ。日本人が、英語にどれだけの時間をさいているのだろうか。

理系っぽく計算してみると・・・

高卒で、塾とかいってないとします。まあ、普通は授業以外でも勉強するんでしょうけどね。

小学校 5・6年生で、年間35時間

中学校 だいたい、週4で、30週と考えましょう(実際はもっと多いでしょう)。

高校 うちの学校では、週5ですね。

1時間を45分だとして、小学校で70時間。中学で360時間、高校で450時間。

合わせて、880時間。

45分授業だとすると、時間で660時間となる。

これはおそらく最小値でありますが、こんなけの時間を英語に、最低でも費やす。もし、この時間を他のことに使えたら・・・。極論で行くと、1年間で授業が6×5×30くらいですから、1年分以上が英語です。英語を勉強せずにすんだら、小中高のうち1年間は他のことができるわけです。まあ、1年早く大学に行ってもいいでしょうけど。

 

こんなけいってきましたが、これで、英語が話せるようになってれば、まだいいかもしれません(よくないんだけどね!!)。でも、日本人って、こんなに勉強しても英語が喋れないんですよ。

典型的だったのは、私の賢い友人なんですが。基本的に英語のテストでも1位を取るんですが、外国人と英語で話したら、全く伝わんなかったそうです。そりゃそうだよね。日本の受験英語なんて、またそれはそれでひとつの言語って考えたほうがいいかもしれないレベルだからね。

 

英語教育の、目的が僕にはわかんないんだよね。いや普通は、英会話を目的にすべきなんだけど、絶対にそれは目的にしてない!!逆に、英会話に悪影響を与えるような教育しかしてない(少なくとも進学校では)。

がんばりましょう。みんなで、翻訳こんにゃくを作りましょう。