for student

学生のみなさまが、いまよりちょっと楽しく賢くすごせるように

2年前には・・・。

2年前には・・・。

今日から4月です。今日から新生活という人も多いでしょう。教育基本法などによると、今日生まれた人は、1つ後の学年に入るらしいです。つまり、学年で一番早く生まれた人になると淡い夢を描いた瞬間、一番遅く生まれた人になると、日本は、生まれる1日前に魂が生まれていると考えるそうです。こういった紙一重のことは、この世には多く存在します。北朝鮮が「人工衛星」を打ち上げると発表しました。事実上のミサイルの発射だと、各国は非難しています。

航空宇宙工学的な見方からすると、弾道ミサイルとロケットの作りに大きな違いはありません。違いは、先端に何を載せるかです。弾頭か人工衛星かです。北朝鮮は、おそらく人工衛星をつんでいるでしょう。なぜなら、弾頭を積む意味がないからです。人工衛星をつんでおけば、平和的な宇宙開発だと言い張ることができます。前回の発射も、そうであったと見られます。

人工衛星とミサイルとの差は、紙一重であります。今回の場合では、北朝鮮の言い分のほうが筋が通っています。アメリカや日本は、人工衛星の発射を含むすべての、発射行為?を、禁止すべきだったのです。揚げ足を取られたような格好です。

世の中はそんなに単純にはできていません。私は自由主義者ですが、この世には多くの考え方を持った人が存在します。自由主義は、比較的シンプルな考え方です。日本で言う公共の福祉に反しない限りは、自由ということです。

アメリカのある大富豪は、自由主義の国をつくろうとしています。海の上に作るみたいです。こういう大きな夢を持ちたいものです。