for student

学生のみなさまが、いまよりちょっと楽しく賢くすごせるように

サンダーバード2号

諸事情あって、未来の物流を考えています。物流そのものが無くなるのではないか、インターネットで全てがつながるのではないか、と主張する人もいますが、私はそうは思いません。

私の手元にある、すべてのリアルのものは、物流のおかげでここにあるのです。通販が盛り上がっている今、物流はより重要になっているのです。

 

物流ですが、現在では、

・船

・飛行機

・トラック

・鉄道

くらいでしょうか。それぞれ改革すべきことはあるのでしょうが。

鉄道については、正直なところ、これ以上の効率化が思いつきません。

トラックはドローンに取って代わられるでしょう。

船については、ロールスロイスが面白いことを発表しているので、それをちょっと紹介。

In an age of aerial drones and driver-less cars, Rolls-Royce (RR/) Holdings Plc is designing unmanned cargo ships. Rolls-Royce’s Blue Ocean development team has set up a virtual-reality prototype at its office in Alesund, Norway, that simulates 360-degree views from a vessel’s bridge. Eventually, the London-based manufacturer of engines and turbines says, captains on dry land will use similar control centers to command hundreds of crewless ships. Drone ships would be safer, cheaper and less polluting for the $375 billion shipping industry that carries 90 percent of world trade, Rolls-Royce says. They might be deployed in regions such as the Baltic Sea within a decade, while regulatory hurdles and industry and union skepticism about cost and safety will slow global adoption, said Oskar Levander, the company’s vice president of innovation in marine engineering and technology. “Now the technology is at the level where we can make this happen, and society is moving in this direction,” Levander said by phone last month. “If we want marine to do this, now is the time to move.” rolls-royce-drone-ships

ドローンの船だって。いいね。

 

本題の飛行機ですが、これをじっくり考えていました。でも、この2つにしかたどり着きません。共通点は、翼と胴体の境目がはっきりしないところ。

・X-48

サンダーバード2号

X-48について詳細は触れませんが、NASAとBoeingが共同で研究しているものです。

800px-ED06-0198-62

 

 

サンダーバード2号は、私は小さい頃から好きで、その模型(映画版のですが、そっちのほうが好き)。ということで、その写真を少し。

IMG_0921

IMG_0925

 

IMG_0926

 

実は、浮き上がるんです。精巧でしょ。

IMG_0928

 

さらに、コンテナまで。その中には、サンダーバード4号の姿も。あー興奮するね(わからないよね)。

IMG_0930

 

IMG_0932

 

なんて言うんだっけなー。忘れちゃったけど、とにかくすごい機械だった気が。

 

サンダーバード2号。こいつのすごい性能とは・・・。

サンダーバード2号
全長 76.20m
全幅 54.86m
全高 18.29m
着陸脚伸高時最大高 33.53m
本機重量 406t
最大積載重量 100t
最大速度 時速約8,000km
最大上昇限界点 約30,000m
動力源 原子炉

表を見ればわかるのですが、速度がやばい。時速8000キロ。動力源が原子炉ですからねー。

大きさ的には、B747とほぼ同じ。私はC-17という輸送機もなかなか迫力があって、好きなのですが、それよりは一回り大きいサイズ。さらに、これで垂直離着陸可能ですから・・・。一体どんなエンジンつんでんだ!?・・・あっ、原子炉か。

 

単刀直入に言ってしまえば、これが未来の物流です(笑)。翼を減らし、胴体を増やして。

燃費が良くて、物がいっぱい積める。

窓側が大好きな人間にとって、それは窓側の出来が減ることを意味しますが、窓側とそうでない席で価格差をつけてもいいと思います。僕の中では

・X-48→貨物輸送

サンダーバード2号→軍事用

極超音速機→旅客用

くらいが理想です。理想は高く!!

 

今日は、写真が多くなってしまいました。珍しく模型があったもので。