for student

学生のみなさまが、いまよりちょっと楽しく賢くすごせるように

名前+る

なお、この文章は、4年以上前のものです。情報が古い場合があります。 昨日のやつを一部公開。   このブログの読者のみんなさんは、いつこのブログが本となり出版されるかを心待ちにしているでしょう 私自身も本を書くことには何度も挑戦しているのですが、途中でめんどくさくなってしまいます。 そんな中でも、37ページまで書き進んだのが 「名前+る」で考える日本のこれから という本 校正までしました まあ、とっといても無駄なので、これからちょっとずつ載せていきますわ きょうははじめにの前半を [はじめに] 「名前+る」とは、何か? 今の日本を、昔の人が見るとなんというでしょう? 今の日本を、どう思いますか? どの人からも同じ答えが返ってくるでしょう、 「このままではいけない!」 と、しかし、これではいけないというのは分かっていても、どうしたらよいのかと、聞かれたら、答えられない人も多いのではないでしょうか。これを解決するためには、よく書店に並んでいる難しそうな本(「日本の問題」とか「日本のこれから」など・・・)を解読しなければなりません。でも、それができるのは、人口一億人の国でもあまり多くないでしょう。 そんな皆様のために用意したのがこの「『名前+る』で考える 日本のこれから」です。『名前+る』とは何か?まずはそれを説明します。  
 たとえば、「フクシマる」という『名前+る』があります。これは、現・社民党党首の福島瑞穂さんの『名前+る』です。意味は、 (自分の意思を貫き通すこと。) と、書いてあります。これで意味が分かる人も、わからない人も大丈夫です。その左のページで、その人の簡単な解説と、その言葉がどうしてこういう意味になったのかというのを載せています。これがあれば、どんな人も、理解できます。 今、どの人がどんなことをしているか。 昔、どの人がどんなことをしたのか。 すると、 将来、あなたがどんなことをすべきなのか、 それがわかってきます。 皆さんに考えてもらいたいのは、この誇れる国「日本」のために何ができるかです。 日本の未来、私たちの将来のために、努力してください。 この本を読み、日本のために立ち上がる人が、一人でも出てくることを祈り、私のまえがきとさせていただきます。
民主党 鳩山由紀夫第九十三代内閣総理大臣 ハトる 意味 いいことばかり言い、好感度を上げ 実際は、何もやらないこと 鳩山由紀夫第九十三代内閣総理大臣は、2009年の衆議院選挙で「普天間基地の国外または県外移設」や「こども手当」さらに「高速道路の無料化」などを掲げ、政権交代を果たした。しかし、普天間基地は、結局辺野古に作る日米合意を作り、国外、県外移設を求める社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当大臣を罷免して閣議決定する結末。さらに、子ども手当は1年目は半額、2年目は全額を公約として掲げたが、結局、2011年も半額で支給する方針としている。そして、高速道路の無償化は、まったくと言っていいほど進んでいない。 こんな現状から、ハトるという言葉が生まれた。選挙で国民にとってうれしいこと尽くしのマニフェストを作って、勝利したが、結局は国民の期待に応えられなかった首相を皮肉った『名前+る』。 鳩山首相は、2010年6月に辞意を表明し、首相の座を菅副総理兼国家戦略担当大臣に譲っている。 わずか8か月という、短命な首相であった。1年おきに代わる自民党を批判した民主党とは思えない。