for student

学生のみなさまが、いまよりちょっと楽しく賢くすごせるように

1575

私の学校で、強制的にかわされる、英語の教科書のCDがあります。実名はさけますが、T書店のそのCDは、ただ、外国人が教科書を音読するだけのCDですが、そう、1575なのです。1575円です。ただのCD1枚です。

この制作費は何円なのでしょう。正直、10万円もかからないでしょう。限りなく少なく見積もって、1000枚しか売れてないと考えても、157万円中100万円はそちらのものになるでしょう。

教科書なので、ちゃんとした理由がないと、その教科書に適するCDを発売する事はできず、事実上、T書店が、教科書とともに占領できる訳です。

うまいと言えばそうなのでしょう。実はT書店には、創業者の中にエコノミスト日本銀行理事)ダッタ人がいるそうです。そりゃ、うまいでしょ。

なんだかんだいって、毎年2万円以上をあの、重い、厚い、かさばる、古い情報満載で、醜い教科書に使っているのです。いつになったら、電子教科書になるのでしょう。

このままでは、永遠にこないでしょう。だって、何もしなくたって、占領した市場からの利益が消える事はないですから。そんなんなら、なんか新しい事をしてリスクを冒すより、その利益にすがっていた方がいい。誰だってそう思うでしょう。

もっといい教育がよいのなら、もっといい教科書を考えてみてはいかがでしょう。

20130516-235618.jpg